ココモ法

ココモ法

ココモ法

ココモ法                     

ココモ法は、マーチンゲール法の考え方を応用したマネーシステムです。マーチンゲール法が倍率2倍のゲームに有効なのに対して、ココモ法は、倍率3倍以上のゲームに有効です。

1回の勝利で全ての負け分、損失を取り返せる攻略法です。賭け金の増え方もマーチンゲール法に比べて緩やかなので賭け方や注意点などを理解して実戦に使用しましょう。

ココモ法 特徴

ココモ法の特徴は、

  • マーチンゲール法のような賭け金の急激な増加がないので、破産リスクが小さい。
  • 勝率が約33%と低めなので、連敗しやすい。
  • 連敗が続くほど勝った時の利益が大きくなる。

通常の必勝法は配当が2倍のゲームを選択することが多いですが、ココモ法では以下の条件でゲームを選びましょう。オッズが3倍のゲームに有効なのでルーレットのダズン・カラムベットに使えます。

 

ダズンベット

ダズンベット

1~36までの数字を3個に分け、12個の数字に賭ける。

 

カラムベット

カラムベット

1~36までの数字を3列に分け、1列に賭ける。

ココモ法 賭け方と手順

ココモ法 賭け方

ココモ法は2連敗した時点からスタートしますので、勝ち負けが交互に続くような展開では、1単位を賭け続けます。

 

2連敗してかは、以下のように賭け金を増やしていきます。

ゲーム 賭け金 累計損益 勝の利益
1 1 -1 2
2 1 -2 1
3  2 -4 2
4 3 -7 2
5 5 -12 3
6 8 -20 4
7 13 -33 6
8 21 -54 9
9 34 -88 14
10 55 -143 22

当たりの場合の配当は3倍です。

賭け金の増え方が不規則のように見えるので、「覚えられない。」という人がいるかもしれません。実は規則的に増えています。

 

ココモ法では、直近2回の賭け金を足した金額を次のゲームに賭けます。表の場合ですと、3ゲーム目の賭け金は1+1=2、4ゲーム目は1+2=3、5ゲーム目は2+3=5、5ゲーム目は3+5=8・・・・・・と続きます。

 

どうでしょう?。ルールが分かれば、簡単に覚えられます。

 

もう一点、「勝ちの利益」を見てください。マーチンゲール法では、何ゲーム目で勝っても、利益は最初の1単位です。しかし、ココモ法ではゲーム数が増えるにしたがって利益が増加しています。

 

これがココモ法の特徴です。安定した利益を出しやすい理由の1つなのです。

ココモ法 手法

ルーレットのダズンベットで実践しました。単位は分かりやすいように、1単位1ドルにしています。

 

まず1回目。外れましたので、次も1ドルを賭けます。

ココモ法一発逆転

  • ココモ法ルーレット画像㉗赤loos

今回、外れました。

 

2連敗したので、ここからココモ法開始です

ココモ法一発逆転

  • ココモ法ルーレット画像㉜赤loos

賭け金は、直近2回の金額を足して2ドルです。(※累計投資金額:1ドル+1ドル+2ドル=4ドル)

ココモ法一発逆転

  • ココモ法ルーレット画像㉜赤loos

外れました。

 

次は3ドルを賭けます。(※累計投資金額:1ドル+1ドル+2ドル+3ドル=7ドル)

ココモ法一発逆転

  • ココモ法ルーレット画像㉖黒loos

外れました。

 

このあと5ゲーム目(5ドル)、6ゲーム目(8ドル)、7ゲーム目(13ドル)でも外れて、8ゲーム目の21ドルでやっと当たりました。

ダズンベット

  • ココモ法ルーレット画像⑧黒you won

払戻金額は63ドル、投資金額は54ドル(1ドル+1ドル+2ドル+3ドル+5ドル+8ドル+13ドル+21ドル)なので、9ドルの利益でココモ法完了です。

当たれば、ココモ法が完成します。

次ゲームでは、リセットして1ドルから始めます。

ココモ法の検証収支

実戦シミュレーション

ゲーム 掛け金 勝敗 損益 累計損益
1 1 × -1 -1
2 1 × -1 -2
3 2 × -2 -4
4 3 × -3 -7
5 5 × -5 -12
6 8 × -8 -20
7 13 × -13 -33
8 21 42 9

 

1勝8敗と大きく負け越していても、たった一回の勝利で9単位もの利益が出ています。3倍配当ゲームにおける、ココモ法の優秀さがお分かりいただけるかと思います。

ココモ法の実証結果

ここまでココモ法の賭け方や長所を説明してきましたが、いい点ばかりではありません。以下のような注意点があります。

 

ココモ法は、勝率が低いため連敗しやすい

ココモ法が使えるのは3倍配当のゲームなので、実戦ではルーレットのダズンベット、カラムベットに賭けることになります。

 

どちらに賭けても、勝率は37分の12で約32.4%。赤黒やバカラ、ブラックジャックのような勝率が約50%のゲームと比較すると連敗の確率も高くなってしまいます。

 

勝率50%ゲームでの連敗確率

連敗数 確率
1 50% 1/2
2 25% 1/4
3 12.5% 1/8
4 6.2% 1/16
5 3.1% 1/32
6 1.65% 1/64
7 0.8% 1/128
8 0.4% 1/256
9 0.2% 1/512
10 0.1% 1/1024

 

勝率33%ゲームでの連敗確率

連敗数 確率
1 66.67%
2 44.44%
3 29.63%
4 19.75%
5 13.17%
6 8.78%
7 5.85%
8 3.90%
9 2.60%
10 1.73%

 

比較してみると、ココモ法を使ったゲームの方が大幅に連敗の確率が高くなることがお分かりいただけるかと思います。

 

ルーレットの赤黒ですと10連敗する確率は約1000回に1回ですが、ダズン・カラムだと100回に2回弱(50回に1回弱)の確率で10連敗する可能性があります。

 

ココモ法は、賭け金の増加と賭け金の上限

最初に「ココモ法は賭け金の増え方が緩やか」と言いましたが、連敗が続くと当然ながら賭け金は跳ね上がります。

 

ここでは、20連敗した場合の賭け金額や損失について見てみましょう。

ゲーム 掛け金 負けの累計損失 勝の利益
1 1 -1 2
2 1 -2 1
3 2 -4 2
4 3 -7 2
5 5 -12 3
6 8 -20 4
7 13 -33 6
8 21 -54 9
9 34 -88 14
10 55 -143 22
11 89 -232 35
12 144 -376 56
13 233 -609 90
14 377 -986 145
15 610 -1596 234
16 987 -2583 378
17 1597 -4180 611
18 2584 -6764 988
19 4181 -10945 1598
20 6765 -17710 2585

 

実践例のルーレットは、ベット上限額が5000ドルでしたので、1単位1ドルに設定した場合は20ゲーム目の6765ドルが賭けられず、19ゲーム目で負けが確定してしまいます。

 

しかも、その時の損失額は10945ドル(1ドル110円計算で約120万円)と大きく膨れ上がっています。

 

普通の人なら、これだけの金額を失ったら資金がパンクしてしまうでしょうし、例えあり余るほど十分な資金を持っていたとしても、さすがにここまで引っ張ることはおすすめ出来ません。

 

勝率約3分の1で20連敗というのは十分にありえる範囲ですから、ココモ法を使う場合は頭に入れておいてください。

 

ココモ法 メリット

ココモ法は「資金が少なくても利用可能」「一回の勝ちで利益を出せる」「連敗するほど大きい利益が出る」等の利点があります。

資金が少なくても使える

ココモ法は、連敗した場合でも最初のうちは資金の上がり方が緩やかになります。そのため、資金が少ない場合でも利用できるシステムベッティングとして知られています。

 

100ドル以下の資金でも十分使えるベッティングシステムのため低リスクと言えます。

1回の勝ちで損失額を回収できる

ココモ法は、1度勝利すると損失額を回収するだけではなく、利益を獲得できます。他のシステムベッティングは、1サイクルが終了しても利益が出ないものもありますが、3倍配当のゲームを利用するココモ法は必ず手元に利益が残る仕組みになっています。

 

負けの数が圧倒的に多い場合でも、数回勝利するだけでコツコツと利益をためることができます。

連敗するほど大きい利益を獲得

ココモ法で得られる利益は、何連敗した後に勝利するかによって異なります。勝ちと負けを交互に繰り返した時よりも、負けが続けば続くほど、その後に勝った時の配当額が大きくなります。連敗が続いた場合、利益は以下のように増えていきます。

連敗してしまうと賭け金が大きくなるので精神的なプレッシャーが大きくなります。その分1勝した時に得られる利益が大きくなります。リスクを取った分ハイリターンが期待できる点がココモ法のメリットです。

ココモ法 デメリット

勝率が低いため連敗しやすい

ココモ法が使えるのは3倍配当のゲームなので、実戦ではルーレットのダズンベット、カラムベットに賭けることになります。

 

どちらに賭けても、勝率は37分の12で約32.4%。赤黒やバカラ、ブラックジャックのような勝率が約50%のゲームと比較すると連敗の確率も高くなってしまいます。

賭け金の増加と賭け金の上限

最初に「ココモ法は賭け金の増え方が緩やか」と言いましたが、連敗が続くと当然ながら賭け金は跳ね上がります。

ココモ法 リスク回避

  • ココモ法は、連敗が続いても意地にならない

「ココモ法の注意点」でお話した通り、ココモ法はマーチンゲール法に比べて連敗の確率が高くなっています。

 

個人的な経験ですと、ルーレットのカラムベットで連続31回外したことがあります。(その時は、フラットベットだったので、パンクせずにすみました。)ここまでの連敗は滅多にあるものではありませんが、同じカラム(ダズン)が15回程度外れることは珍しくありません。

 

  • ココモ法は、偏りが出現するのを待つ

ココモ法を使う場合は、いきなりランダムにカラム(ダズン)を選ぶよりは、最初にある程度空回し(ライブの場合はルック)することをおすすめします。

 

数学上は、「10連勝しようが、50連敗しようが、次に出る数字の確率は永遠に同じ。」なのですが、大きな視点から見ると、すべての数字の出現率は限りなく均等に近づきます。

 

したがって、空回しして8~10回ほど外れている場所に賭ければ、次の10回以内に当たる事が多いです。もちろん、そこで自分が決めた回数以上は絶対に追わないように鉄の心を持ちましょう。

 

ココモ法は当たった時の配当が3倍&賭け金の増加が緩やかなので、ある程度の損失なら早めに取り返せます。

連敗が続いたときは損切

「12個もあるんだから、そろそろ出るだろう。」と意地になって続けると痛い目にあいます。ココモ法を使う場合は、予め「○連敗で損切りする。」というラインを決めて、必ず守るようにしてください。

 

配当は3倍です。損切りラインをきちんと守れば安定して利益を出すことも十分可能だと思います。くれぐれも、コツコツと積み上げた資金を一回の大連敗で失ってしまわないよう注意してください。

ココモ法 まとめ

最初からいきなり賭けずに、空回し(ライブの場合はルック)して出現率の傾向を見る。

「○連敗したら損切り。」というポイントを事前に決めて、絶対にそれを守る。

自分が賭けるテーブルの最大ベット額を確認し、ある程度の連敗に耐えられるよう開始金額を設定する。

ココモ法は、賭け金が急激に跳ね上がることもありませんし、連敗するほど利益が大きくなる優秀なマネーシステムです。

 

まずは無料モードで賭け方を覚え、その後は低額で賭けながら資金の増減を体感し、自分なりの必勝パターンを作っていくといいでしょう。

皆さんの大勝利を願っています。

オンラインカジノと納税義務オンラインカジノと納税義務納税義務

 

関連記事はこちら

マーチンゲール法

 

オンラインカジノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る