マーチンゲール法

ルーレット

マーチンゲール法

マーチンゲール法                  

マーチンゲール法は、特に配当が2倍(勝率50%)のゲームに向けた攻略法で、連敗をどんなに重ねても1度の勝利で利益を得られる攻略法です。

何連敗しても、1度勝てばそれまでの負け分を取り戻し、1度の勝利で利益を得るできるのがマーチンゲール法です。 この方法が有効なゲームは勝率約50%、払戻し倍率2倍のゲームです。

マーチンゲール法のメリット・デメリットを理解することは、オンラインカジノの攻略には、非常に大事なことです。

 

マーチンゲール法の特徴

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、「理論上100%勝つことができる投資法」と言われているほど、実力のある必勝法です。

必勝法と呼ばれる中で、最も代表的で知名度が高いマーチンゲール法です。

連敗が続いた時に、膨れ上がる損失額は、通常ならば回収するのは困難です。しかし、マーチンゲール法を駆使すれば、たった1度の勝ちで、負け続けた損失額を一気に回収することができます。

マーチンゲール法の使用方法

マーチンゲール法は、カジノゲームの中でも勝率50%、配当が2倍のものによく使われ「理論上は必ず勝つベッティングシステム」と言われています。

ルーレットの赤黒賭け、ハイロー賭け、奇数偶数賭けに使うことができます。戦略戦が得意の方にはルーレットで使うのがオススメです

2分の1(50%)の確率で使用する必勝法です。そして、負けた損失額を回収することを目的としている必勝法なのす。負け続けた時に使う必勝法ということも覚えておきましょう。

マーチンゲール法を使う時

マーチンゲール法は、倍賭け法ともいわれ、古くからカジノ必勝法として使われてきました。様々なベッティングシステムの基本となっている考え方なのです。

特に配当が2倍(勝率50%)のゲームに向けた攻略法で、連敗をどんなに重ねても1度の勝利で利益を得られる攻略法です。

何連敗しても、1度勝てばそれまでの負け分を取り戻し、1度の勝利で利益を得るできるのがマーチンゲール法です。

ルーレットは、ギャンブルゲームの中でも古い歴史を持っているゲームです。昔から親しまれてきたゲームだからこそ、いろんな方によって勝つための攻略法がいくつも生み出されています。

「ベラジョンカジノのルーレットで勝ちたい!勝率を上げるための攻略法ってあるの?」と思っている人は、ルーレットの攻略法には、状況によって判断する必要があることを覚えておいてください。

  • 負けた時に使う攻略法
  • 勝った時に使う攻略法

ルーレットで勝率や儲けを上げていくためには、これらの状況に応じた攻略法を、勝負によって使い分けて行くことが大切です。

マーチンゲール法の賭け方と手順

マーチンゲール法の賭け方

マーチンゲール法の賭け方はとても簡単で、最初に基本となる賭け金を決めてベットします。

負けたら、次のゲームでは、倍の金額をベット。負け続ける限りベット額は倍になりますが、勝った時は賭け金を最初に決めた基本金額に戻します。

マーチンゲール法の手順

  • 最初に1単位を賭ける。
  • 勝った場合はそのまま次ゲームも1単位を賭け、負けるまで続ける。
  • 負けた場合は、次ゲームで2倍の2単位を賭ける。
  • 勝った場合は最初の1単位に戻り、負けた場合は4→8→16→32→64と勝つまで賭け金を2倍にしていく。

勝った場合は、最初の1単位に戻り、負けた場合は次ゲームに4単位を賭けます。

このように1→2→4→8→16→32→64→128→256・・・・・と勝つまで賭け金を2倍にしていき、勝ったら最初の1単位に戻ります。

これを繰り返していくだけで、例え連敗しても、一度勝てば負け分を取り戻せるという仕様がマーチンゲール法なのです。

このように何回負けても次にベットで勝つ事が出来れば最初の賭け金分を確実に+に持っていく事が出来ます。

マーチンゲール法は、勝率が低い状態でも一度勝つ事が出来ればトータルでプラス収支になります。

ルーレットでマーチンゲール法の実践手法

ここでは、実際にマーチンゲール法を実践してみたいと思います。

今回は、ルーレットの赤黒に賭けてみます。まず最初に1単位(1ドル)を賭けます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法①赤12you won$2.00


勝ちましたので投資金額1ドル、回収金額2ドルで1ドルの利益です。勝った場合は、次ゲームも同じ1ドルを賭けます。

マーチンゲール法
マーチンゲール法②黒20you lose


負けてしまいましたので、次のゲームで2ドルを賭けます。(累計金額:1ドル+2ドル=3ドル)

マーチンゲール法
マーチンゲール法③黒33you lose


2ドルで負けてしまいましたので、次は4ドルを賭けます。(累計金額:1ドル+2ドル+4ドル=7ドル)


攻略法
マーチンゲール法④黒29you lose


ここでも負けてしまいましたので、次は8ドルです。(累計金額:1ドル+2ドル+4ドル+8ドル=15ドル)

攻略法

マーチンゲール法⑤赤9you won$16.00


やっと勝てました。

これで、マーチンゲールが完了しましたので、次のゲームでは最初の1ドルに戻ります。

実践例の収支は、このようになります。

ゲーム 賭け金 勝敗 損益 累計損益
1 1 1 1
2 1 × -1 0
3 2 × -2 -2
4 4 × -4 -6
5 8 16 2

5×5

マーチンゲール法では、何連敗しても、全体の勝率が5割を切っても、最後に勝利して終われば収支がプラスになることが利点といえます。

今回の例ですと、2勝3敗と負け越しているため、フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)だと1ドルのマイナスになります。しかし、マーチンゲール法では、マーチン完了時点で1単位分の利益が出るので、今回は2ドル(2単位)のプラスで終わっています。

マーチンゲール法 メリット

  • 成功すれば、必ず利益が出る
  • 複雑な計算が必要ないので、すぐに使える
  • 連敗確率から考え、戦略的に負け額を回収することができる
  • 何連敗しても、損失額を1勝すれば1度の勝ちで回収することができる

マーチンゲール法 デメリット

マーチンゲール法は、連敗をしても一度の勝利で全ての負け分を取り返す事が出来ます。しかし、注意しないといけない事があります。

  • 連敗が続くと賭け金が増大する
  • マキシマムベットの上限を超える賭け金は賭けることができない

連敗が続くと賭け金が増大

途中から賭け金が急激に跳ね上がります。ルーレットでマーチンゲール法を使った場合の利益は「最初のベット金額」に依存します。

9連敗して10回目に勝った場合

ゲーム 賭け金 勝敗 累計収支
1 1 × -1
2 2 × -3
3 4 × -7
4 8 × -15
5 16 × -31
6 32 × -63
7 64 × -127
8 128 × -255
9 256 × -511
10 512 1

 

この場合ですと、7連敗の時点で累計損失額は-127単位です。

次ゲームでは128単位賭けますので、1単位1ドルで始めた場合、この時点で255ドルを使っていることになります。「1回勝って1ドルの利益じゃ物足りない。」と1単位を5ドルで始めていたら、1275ドルです。

リアルマネーでやってみると分かりますが、このあたりになると、精神的にかなり追い詰められ状態になります。

マキシマムベットの上限を超える賭け金は賭けることができない。

オンラインカジノの「テーブルリミット」が発生することです。

マーチンゲールを使うと、必ずどこかで1単位勝てるようになっているため、カジノ側の対策として賭け金の上限額を設定しているわけです。

実践例のルーレットでは、ベット上限額は5000ドルでした。

1単位10ドルで始め全敗した場合

ゲーム 賭け金 勝敗 累計収支
1 10 × -10
2 20 × -30
3 30 × -70
4 40 × -150
5 50 × -310
6 60 × -630
7 70 × -1270
8 80 × -2550
9 90 × -5110
10 100 × -10230

1単位10ドルに設定した場合は9連敗(賭け金2560ドル)の時点で、次に5120ドルを賭けられず、負けが確定します。仮に賭けられたとしても、次に5120ドルで負けた場合の累計損失額は10230ドルにもなります。

これだけ大きな金額を賭けて、勝ったとしても、利益は最初の10ドルのみ。リスクに見合ったリターンとは言い難いかもしれませんね。

リスク回避

マーチンゲール法は「使い方次第では、強力な攻略法」になりえます。「同じ色が10回以上連続する。」ということはありえるのです。しかし、それほど頻繁に起こるというわけではありません。

従って、「ルーレットで赤が8回続いた後から、マーチンゲール法を開始する。」という方法なら、かなりの高確率で勝つことができると思います。

ただし、「途中から賭け金が跳ね上がる」、「ベット上限額に引っかかる」という問題をクリアするために、必ず損切りラインを設定することが必要です。個人的には、累計損益が100単位を超える7連敗辺りを損切りラインにするのがいいかと思います。

損切りでリスク回避

「損切り」とは、負けを確定させることです。これは投資やFXでも良く使われる言葉ですが、投資やギャンブルを長期的に続けて利益を出していくためには非常に大事な要素です。

特に負けが込んだ場合は、固執せずに早々に「損切り」を指定しまうことも重要となります。損切りができず、損失額が大きくなり過ぎる前に、ある段階で見切りをつけて損失を受け入れてしまうことも重要なのです。そのため、必要な考え方は2点になります。

  • 損を最小限に抑える
  • 利益を最大限に確保する

「損切り」を理解しマーチンゲール法を効果的に使ってバカラで勝利するために4点を考慮しておきましょう。

  • 予算を決める
  • プレイするゲーム回数を絞る
  • 損失額や何連敗まで耐えられるかを決める
  • 感情的にプレイしない

損切り出来ないのは、目先の利益のみしか見えていない可能性大です。そこで重要なのは「損切りポイント」です。

それ以上損失を出さないために、負けている分は潔く諦めてゲームを切り上げる。若しくは、攻略法をリセットする。ということです。「損切りポイント」は完全に自己判断なので、はっきりいつという答えはありません。

マーチンゲル法の損切りは「損切りの発生数×損切り時の損失額」よりも「勝ち抜け数×勝ち抜け時の利益額」の方が多くなり資金の純増が期待できます。したがって、最初の賭け金をいくらにするか等の資金管理はしっかりと考慮してください。

連敗が続いたときは損切する

「赤が15回続いたから、今度こそ黒が来るだろう。」「1回勝てば利益が出るんだから、もう一回だけ勝負してみよう。」「ここで損切りしたら、取り戻すのに時間がかかりすぎる。」と、ついつい損切りラインを超えてしまいたくなります。

しかし、そこは鉄の心を持って、最初に決めたポイントで必ず損切りするようにしましょう。

オンラインカジノのルーレットで「一度も負けない」ことはまずありません。

ルーレットの基本は、全勝を目指すことではなく、「小さく負けて、大きく勝つ」という形が理想です。

特に負けが込んだ場合は、固執せずに早々に「損切り」をすることも重要となります。

バカラの損切りルール設定

バカラには必ず、勝てない時があります。1勝1敗の展開が続いたり、連敗して修羅場が何度も訪れる時が必ずあります。そんな日は損切りしてプレーを一度中断し、日を改めてプレイするようにしましょう。

損切りラインの設定の重要です。バカラの出目の確率は同じ50%ですが同じ出目が出続ける確率はどんどん低下していきます。損切り出来ないときの典型的な例は、「どのぐらい資金が減ったら撤退するかを決めていない」というものです。

損切ルールの厳守

バカラをプレイする前に損切りルールを決めていますか?

損切りするときのルールは、曖昧なものではいけません。きっちりと具体的な数字で決める必要あります。

例えば、資金が80%を下回ったら損切する、5連敗したら損切りする等といった具合です。

損切りのルールを決めたら次は絶対にそのルールを守ることです。損切ルールが守れない人は、コツコツと積み上げてきた資金を一気に失ってしまう可能性があります。

バカラをプレイする上で損切りルールを決めていなかった方は、必ずルールを決めるようにするべきです。そして決めた損切りルールを守るのは意外と難しいです。しかし、ルールを守らない人は、バカラで勝つことができません。

損切りルールは徹底していきましょう。長期的に見れば、損切りするときも心にゆとりを持って資金がマイナスになるのを見ることができます。

オンラインカジノのバカラは、損切りしやすい

実際のリアルカジノ(ランドカジノ)のバカラ場合、独特の雰囲気の中テーブルに座ってゲームに熱中していると、自分の収支を計算・管理するのは難しいものです。

その点、オンラインカジノのバカラの場合、そうした自分の収支管理を冷静にしやすいメリットがあります。ベラジョンカジノ、他オンラインカジノのバカラで「一度も負けない」ことはまずありません。

理想的な勝利のしかた

バカラの基本は、全勝を目指すことではなく、「小さく負けて、大きく勝つ」という形が理想です。いかに、その勝負所を見極めるのがバカラで勝つ最大のポイントでもあります。

たとえ勝数が多くても、トータルの収支ではマイナスになってしまったり、一度の勝負にしか勝てなくてもトータルでは大きなプラスを確保できる場合もあります。バカラで勝ったといってもとトータルの収支で負けていては意味がありません。

皆さんの大勝利を願っています。

オンラインカジノと納税義務オンラインカジノと納税義務納税義務

 

 

関連記事はこちら

ココモ法

オンラインカジノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る